スキンケアに欠かせない習慣に睡眠があります。人間は睡眠を取らないと死んでしまうのです。睡眠はいかなる手段でも代用できません。睡眠には体の機能をリセットする作用があるのです。睡眠は代謝を活性化させるために必須なのです。眠らずに仕事を頑張っても効率が悪くなりますが、これは美容に関しても言えることです。高価なスキンケア用品でケアをしても、睡眠が足りないと肌荒れが起こるようになります。交感神経が活発になるので体が緊張してしまい、免疫力も低下させます。つまり、寝不足は美容にとって悪いことしかないのです。睡眠は最低6時間は確保してください。「自分は4時間でも大丈夫」という方がいますが、これは単なる錯覚です。

体はそうは思っていないのです。体の不調をすべて感じ取れるわけではありません。自覚症状が出ないことも多いのです。睡眠のためには、アルコールは控えたほうがいいでしょう。寝つきはよくなるのですが、睡眠の質は悪化するのです。睡眠は時間だけ確保すればいいわけではありません。時間と同じくらい質も大切なのです。アルコールは適量ならば体にはいいですが、なるべく眠る直前には飲まないようにすることです。眠ることは体内時計を正常にする作用もあります。睡眠不足になると、体内時計が乱れてしまい、起床時のリフレッシュ感を得られなくなります。嫌なことがあっても、たいていは朝起きるときにリセットされていますが、夜ふかしをするとこの機能が低下してしまうのです。スキンケアのための睡眠では、夜10時くらいまでに眠るのが理想です。眠る時間が遅くなると、脳が覚醒してますます眠られなくなります。

すると、睡眠の質も低下してしまいます。寝不足が続くと、ニキビやクマができやすくなります。これらの症状は、睡眠不足を解消する以外には解決策はありません。ストレスが美容に悪影響を及ぼすことは有名です。そのストレスを増幅させるのが寝不足なのです。寝不足になると、何となくイライラして、人に八つ当たりするようになります。最近、起こりっぽいと感じたら、睡眠が不足しているのかもしれません。人間が睡眠している時間は、1日の3分の1にもなります。仕事をしている時間よりも長いという人も多いでしょう。数ある生活習慣のなかでも、睡眠がスキンケアに及ぼす影響は大きいです。睡眠不足の状態で、いくらサプリメントや化粧水・美容液を使用しても、その働きは半減してしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*